夜泣きの原因

なぜ赤ちゃんは、夜泣きをするのでしょうか?その原因を挙げていきたいと思います。

 

夜泣きの原因記事一覧

赤ちゃんの睡眠サイクルは、大人のものと比べるとまだまだ未熟なので、それによって夜泣きが起こると考えられています。大人でも睡眠中、眠りの深さは常に一定ではありません。浅い眠りと深い眠りとを交互に、周期的に繰り返しながら、眠っているのです。この脳では夢をみている浅い眠りを、レム睡眠といいます。そして、この脳をゆっくりと休ませる深い眠りを、ノンレム睡眠といいます。大人は、この睡眠の周期を約90分で繰り返...

人間には、夜になると(暗くなると)眠くなり、朝になると(明るくなると)起きるという、体内時計が備わっています。この体内時計の長さは、人によってそれぞれです。23時間より短い人もいれば、25時間より長い人もいます。平均すると25時間ですが、たいていの人は、24時間よりも長いのです。しかし、地球の1日の時間は24時間ですよね?ですから体内時計とは、どうしても1時間のずれが出てきます。大人はこのずれを、...

成長過程による影響によって、赤ちゃんが夜泣きするとも考えられます。まずは、早い子で5〜6ヶ月頃から歯が生え始めてきますよね?歯の生え始めは、歯茎がとてもむずがゆいので、それが気持ち悪くて、夜泣きする赤ちゃんもいるのです。また、赤ちゃんの成長は、日々とてもめざましいものがあります。カラダの成長だけでなく、心の成長も猛スピードで進んでいるのです。ですから赤ちゃんは、自分自身の成長速度に、とまどうことも...

日本では昔から、よく夜泣きをしたり、ぐずり続ける赤ちゃんのことを、疳の虫がいる、とか、疳が強い、という言い方をします。「疳の虫」または「癇の虫」とも言います。赤ちゃんのカラダの中には疳の虫がいて、その虫がいるせいで赤ちゃんが精神的に落ち着かない、またはその虫が悪さをして、赤ちゃんに癇癪を起こさせる、という考えのものです。「この子は疳が強いから、虫をとった方がいい」なんて言いますよね?大人でも機嫌の...

赤ちゃんの夜泣きの原因として、感情によるものがあります。これは赤ちゃんが、不安、さみしい、こわい、甘えたい、かまってほしい、といった、自分の感情を訴えるために泣くものです。新生児の頃は、ミルクやおむつなどの「生理的な要求」を訴えるためだけに、赤ちゃんは泣きます。このように赤ちゃんが自分の感情を訴えて泣く、というのは、生後3ヶ月を過ぎた頃からになります。安全で、あたたかなお母さんのおなかの中から出て...

前述のように、夜泣きは病気ではありません。しかし、赤ちゃんの泣いている理由が単なる夜泣きではなく、カラダの不調を訴えるものである場合もあるので、注意が必要です。たとえば、赤ちゃんが耳を押さえて泣いています。しかしお母さんは、単なる夜泣きだと思って気にしませんでした。それでも、あまりにも激しく泣き続けるので、念のために病院に連れて行ったら、実は中耳炎だった、なんていうこともあるのです。普段から夜泣き...

ここまでいろいろと夜泣きの原因を挙げてきましたが、残念なことに、これらはどれも、決定的なものではないのです。赤ちゃんが自分で、指さしなんかをしながら、「わたしが泣いている原因は○○のせいなのよ」とか、「もっと○○してちょうだい」なんて言ってくれたら、お母さんたちはどんなに助かることでしょうね。ですから極端な話をすれば、これらの原因はあくまでも、大人が考えた「憶測」でしかないのです。もちろん、ここま...

プロの安眠コンサルタントが教える寝かしつけメソッド

安眠講座

安眠講座