乳児(0歳児)

新生児から乳児になると、赤ちゃんの胃も発達し、
1回に飲める量もずいぶんと増えてくるので、
授乳のペースはだんだんと落ち着いてきます。
そして嬉しいことに、3〜4ヶ月頃からは、
夜も5〜6時間ほどまとめて寝てくれる赤ちゃんも増えてきます。

 

お母さんの産後のカラダもだいぶ楽になり、
自分なりの育児のペースもつかめてくる頃ですよね。
ましてや、5〜6ヶ月からは離乳食も始まるので、
「おなかが減った〜」という夜泣きは、ずいぶん少なくなります。

 

このようにどんどんと成長してくる赤ちゃんですが、
まだまだ睡眠のサイクルは不安定で未熟です
この未熟な睡眠サイクルについては、詳しくは後述しますが、
赤ちゃんはこの時期、昼夜の区別がつかなかったり、
昼夜が逆転してしまうことがしばしばです。

 

夜を昼と間違えて起きてしまった赤ちゃんは、
「遊んで〜」「かまって〜」と言わんばかりに泣き出します。
生理的な要求以外にも、こうした「甘え泣き」も出てくるんですよね。
また、寝ている途中で目が覚めてしまったことに不機嫌になったり、
その後うまく寝られなくて、夜泣きする赤ちゃんもいます。

 

さらに5ヶ月頃からは、赤ちゃんの脳の成長にともない、
記憶力が発達してきます。
昼間の出来事を覚えていられるようになり、
それを夢に見て泣いてしまう、という夜泣きも出てくるのです。
赤ちゃんは、昼間出会った人の顔をその日の夢で見るんですよ。
そう思うと、なんだかとてもいとおしく感じますよね。

 

このように乳児の夜泣きはおもに、未熟な睡眠サイクルによるもと、
成長過程での脳(記憶力)の発達、という理由からおこるのです。



 

 

プロの安眠コンサルタントが教える寝かしつけメソッド

安眠講座

安眠講座