夜泣きを解消する生活リズム

夜泣きを解消するには、一日の生活リズムを整えることが、とても大切です。
赤ちゃんも大人と一緒で、早寝早起き、規則正しい生活により、
自分の体内リズムを整えていくんですね。

 

まずは朝、毎日決まった時間に起こしてあげましょう。
カーテンを開け、太陽の光で目覚めさせてあげてください。
理想としては、朝7時に起こし、
夜9時には、寝かしつけましょう。

 

これには、理由が2つあります。

 

まず第一に、夜10時から2時までの間は、成長ホルモンの分泌が盛んになります
ですから赤ちゃんは、この時間帯に熟睡していることが好ましいのです。
この時間帯のことを、「睡眠のゴールデンタイム」とも言うくらいですから。

 

第二に、朝の光を浴びてからおよそ14時間後に、
メラトニンという眠りを誘うホルモンが分泌されます。
朝7時に起きると、夜9時には、このメラトニンが分泌されることになりますよね?
そうなると、この睡眠のゴールデンタイムには、
赤ちゃんはもうばっちり、熟睡モードに入れるというわけなんです。

 

また、その他にも、お風呂の時間や食事(授乳)、遊びや散歩、昼寝の時間帯も、
できるだけ毎日、同じ時間、同じリズムで行うようにしてください。

 

このように、毎日を同じリズムで、規則正しく生活していると、
赤ちゃん自身もそのリズムに慣れてきます。
昼夜の区別もしっかりつくことになりますし、
何より「夜は寝る時間だ」ということを認識してくれますよ。
そうすると当然、夜泣きもなくなってきます。

 

またお母さん自身の毎日も、赤ちゃんに振り回されず、
規則正しい生活ができるようになるので、まさに一石二鳥ですよ。
その他、夜泣き対策のプロの寝かしつけ法なども参考にすると、
よいかもしれません。



 

 

プロの安眠コンサルタントが教える寝かしつけメソッド

安眠講座

安眠講座