ねんね環境を整える

赤ちゃんが夜泣きせず、安心して快適に眠れるように、
ねんね環境を整えてあげましょう。

 

まずは室温です。
暑い、寒いといった室温調整は大丈夫ですか
エアコンを使用している場合は、エアコンの風が直接当たらないようにしましょう。
湿度にも、気を配ってあげてください。
また、寒いからといって、布団のかけすぎにも要注意です。
布団が重くて夜泣きする、というケースもありますから。。。

 

次にベッドの位置です。
赤ちゃんの枕元が、窓やドアに面していませんか?
窓の場合は外からの騒音や光、ドアは人の出入りにより、
赤ちゃんが落ち着いて寝られません。
このような場合は、ベッドの位置を変えてあげましょう。

 

寝室は暗くて、静かな環境ですか?
大人でも、寝室が明るくてガチャガチャとうるさかったら、
なかなか寝付けませんよね?
眠りの下手な赤ちゃんなら尚更です。
静かに、落ち着いて寝られる環境をつくってあげましょう。

 

また、シーツや布団カバー、パジャマなどの寝具は、清潔なものですか?
赤ちゃんには、肌触りのいい綿素材のものを選んであげましょう。
こまめに洗濯をして、よく太陽にあててくださいね。

 

寝室も天気のいい日は窓を開けて、新鮮な空気を入れてください。

 

これらのちょっとした環境を整えるだけでも、
赤ちゃんは寝つきがよくなり、夜泣きも少なくなります
そういう意味では、赤ちゃんのベッドはリビングではなく、
お母さんと一緒の寝室に置いてあげる方がいいでしょう。



 

 

プロの安眠コンサルタントが教える寝かしつけメソッド

安眠講座

安眠講座