新生児のねかしつけ

新生児の夜泣きの理由は、基本的におむつとミルクです。
それがクリアされているなら、次に暑い、寒いといった不快感でしょう。
まずは、生理的な要求を満たしてあげてください。

 

それでも困ったことに、なかなか寝てくれない場合は、もう抱っこしかありません。
新生児の寝かしつけには、抱っこして寝かせて、そのままベッドへ...、
という方法しかないのです。

 

しかし、これが一番の難関なんですよね。
抱っこしていたら、それはもう寝息を立ててすやすやと寝ているので、
「もう大丈夫だろう」と思ってベッドに下ろすと...。
いきなり目がぱっちりと開いて、「ウギャ〜」です。
わたしも何度、これを繰り返したことか。。。
赤ちゃんに、「さっきまでのはタヌキ寝入り?」と問いかけたい気分でした。

 

しかし当たり前ですが、決してタヌキ寝入りではないんですよね。

 

赤ちゃんは長い間、お母さんのおなかの中で丸くなって過ごしていたので、
背中をまっすぐにして布団に寝かされることが不安なのです。
せっかくお母さんの腕の中で丸くなって、とても安心で気持ちよかったのに、
突然背中がまっすぐになって、びっくりしてしまうのです。
また、お母さんのぬくもりからもいきなり引き離されて、
冷たい布団の上に寝かされるのは、とても不安になるのです。

 

ですから、新生児の寝かしつけには、おくるみやバスタオルを使うといいですよ。
その中に赤ちゃんを丸くくるんであげてから、抱っこするのです
しばらく抱っこして赤ちゃんが寝ついたら、
おくるみにくるんだままベッドに下します。

 

そうすると赤ちゃんは、抱っこされている丸い状態をキープできますし、
またおくるみに包まれることにより、
お母さんの腕の中のようなぬくもりを感じられます。

 

さらに、ベッドへの下ろし方も大切です。
お母さんは赤ちゃんを、腕だけでひょいとベッドに下ろすのではなく、
最後までできるだけ、
お母さんの胸を赤ちゃんにくっつけて寝かせてあげてください。
お母さんが赤ちゃんを抱いたまま、前かがみになる姿勢ですね。
少しでも長く、お母さんの心臓の音やにおいを感じさせてあげるのです。

 

新生児の寝かしつけには、この方法が最も効果的ですよ。



 

 

プロの安眠コンサルタントが教える寝かしつけメソッド

安眠講座

安眠講座