幼児(1〜2歳児)のねかしつけ

幼児になってくると、ずいぶんと知恵もついてきますから、
乳児のように抱っこしておねんね、というわけにはいきませんよね。
しかし知恵もついてきた分、生活リズムもできてきたということなので、
そこをぜひ利用したいものです。

 

そのためには、規則正しい生活をすることが大前提となりますが、
毎日、眠るための段取り(順番)・習慣を決めておきましょう。
ご飯を食べて、お風呂に入って、絵本を読んで寝る、といった具合です。
まさに「入眠儀式」をつくるわけです。

 

これを毎日続けていくうちに、
赤ちゃんも「そろそろ寝る時間だ」ということを認識してくれますよ。

 

それでも寝てくれない場合には、思い切って夜のお散歩に出かけましょう。
抱っこして、またはベビーカーに乗せて、ゆっくりと散歩しましょう。
夜風が気持ちいいですし、ほどよい震動が眠りを誘ってくれます。
車に乗せてのドライブも、よく寝てくれる王道ですよね。
これは、夜泣き対策としても使えます。

 

また、夜寝る前には、お腹をほどよい満腹感で満たしておいてあげましょう。
大人と一緒で、小腹がへっていては、赤ちゃんもうまく寝つけません。
夜、なかなか寝ついてくれない日が続くようなら、
寝る前に離乳食を食べさせるのも、ひとつの方法です。

 

そしてやっぱり、お気に入りのおもちゃにも活躍してもらいましょう。
ぬいぐるみやタオルをなめなめしながら眠る子もいます。
赤ちゃんって、ぬいぐるみの耳とかしっぽとか、端っこが好きですよね。
そういえばうちの子も、タオルの端をなめながらよく寝ていました。。。

 

幼児の寝かしつけには、
「これをやったら寝る」「これがあったら寝る」という習慣をつくりましょう。



 

 

プロの安眠コンサルタントが教える寝かしつけメソッド

安眠講座

安眠講座