寝かしつけによい絵本

寝る前に絵本を読んで寝かしつける、というのもよい方法です。
「赤ちゃんを寝かしつけるための絵本はこれ!」という作品はありませんので、
その子のお気に入りの、好きな絵本を読んであげてくださいね

 

ただし、夢に出てきそうなお化けの話や怖い話、
また赤ちゃんを興奮させるようなストーリーの絵本は、
避けた方がいいでしょう。
夜泣きや、寝付けなくなる原因になります。

 

毎晩、寝る前に絵本を読み、そして寝る、という習慣をつくることが大切なのです。
「入眠儀式」と言うと堅苦しくなりますが、そうすることで、
「絵本を読んだら寝るんだな」と赤ちゃんは理解していきます。

 

絵本を読む時は、布団に入って読んでも、ソファーに座って読んでも、
特にこれといった決まりはないので、どちらでもかまいません。
赤ちゃんとお母さんとがお互いに、
コミュニケーションを取りやすい方法で読んであげてください。

 

また、部屋の電気ですが、あまり暗いと絵本が読めませんよね?
むしろ目が悪くならないように、電気は普通につけて読んでください。
ただし寝室で読む場合は、読み終わったら電気は消してくださいね。

 

あとはさんが、赤ちゃんにやさしく語りかけるように、
ゆっくりと絵本を読んであげてください
赤ちゃんは、絵本の内容もさることながら、お母さんの声が大好きなのです。
愛情がたっぷり詰まったお母さんのやさしい声を、
たくさん聞かせてあげてくださいね。
これは寝る前の、赤ちゃんの精神安定剤にもなりますから。

 

そして絵本を読み終わったら、
「さあ、おねんねしましょうね。」などと、寝る合図をしてあげます。
絵本を読み終わり、その言葉を聞いたら、
「今日の絵本はこれで終わり。今からは寝る時間だ」
と赤ちゃんに認識させるのです。

 

これらを毎日毎日繰り返して、習慣化してしまいます。

 

そうすると、この先赤ちゃんが少し大きくなっても、夜寝る前に自分の方から、
「今日はこれ読んで」と絵本を持ってくるようになりますよ。
それを考えると、とても楽しみですね。



 

 

プロの安眠コンサルタントが教える寝かしつけメソッド

安眠講座

安眠講座