寝かしつけのタブー

赤ちゃんを寝かしつけるということは、
お母さんが赤ちゃんに寝方を教える、ということです。
なのでそんな時には、赤ちゃんを混乱させないために、
絶対にやってはいけないタブーがあります。

 

まずは、寝室の電気をつけたままにすること

 

豆電球だけつけている、という場合もあるでしょうが、
必ずすべての電気を消して、真っ暗にしてください。
これによって赤ちゃんは、真っ暗になったら寝る、
ということを学習します。
日中の明るい活動時間との落差をつけるためにも、
豆電球さえ消してくださいね。

 

次に、静かな環境をつくってあげてください

 

テレビなどの騒音は、赤ちゃんの眠りの妨げになります。
(昼寝の時はかまいませんが...)
周りから音が聞こえなくなったら寝る、ということを、
赤ちゃんに教えてあげるのです。
もし、ベビーベッドをリビングに置いているのなら、
赤ちゃんの就寝時間にはテレビを消すか、イヤホンを使用するようにしてください。

 

さらに、赤ちゃんが夜泣きで起き出したら、しばらくは遊んであげる、
ということは絶対にタブーです!

 

たしかに、寝ぼけて起きてしまうことによって夜泣きする、
というパターンはあります。
しかし、ここでなかなか寝ないからといって遊んであげると、
赤ちゃんは「今は遊びの時間だ」と認識してしまいます。
日中に遊び、夜は寝る、というパターンを認識させるためにも、
ここは心を鬼にして、遊ぶことは避けてくださいね。

 

最後に、これが一番難しいことですが、一番大切なことです。
赤ちゃんの夜泣きで起こされた、またはなかなか寝てくれないからといって、
お母さんが「キィ〜ッ」とイライラした気持ちのままで、
赤ちゃんを寝かしつけようとしないでください。

 

何度も言いますが、お母さんの気持は不思議なくらい、赤ちゃんに伝染します。
お母さんがイライラしたままだと、赤ちゃんも絶対に寝てくれませんよ。
まずはお母さんが気持を沈めて、ゆったりと赤ちゃんに向き合ってくださいね。



 

 

プロの安眠コンサルタントが教える寝かしつけメソッド

安眠講座

安眠講座