理由を考える

赤ちゃんが夜泣きをするということは、
必ず何かしらの理由があるはずです。
まずは、その理由を考えてあげてください。

 

その日の昼間の生活を、よ〜く思い出してくださいね。。。

 

誰か初めて会った人はいませんでしたか?
初めて行った場所や、経験したこともありませんか?
また、何か我慢させられたり、恐怖を感じたりと、
ストレスを感じることはありませんでしたか?

 

もしこれらのことが思い当たるなら、
赤ちゃんはその出来事を夢で思い出して、夜泣きしているのです。
しっかりと抱っこして、安心させてあげましょう。

 

これらのことに心当たりがないのであれば、
赤ちゃんを一度、裸にしてみてください。
湿疹ができて痛い・かゆいが原因かもしれませんし、
その他体調不良によるものかもしれません。
単に服のタグがあたってチクチクする、という場合も考えられます。

 

それとももしかしたら、赤ちゃんは理由もなく、
ただ単に泣きたいだけなのかもしれません。。。

 

お母さんが理由を考え続けている間にも、赤ちゃんは泣き続けます。
近所迷惑にもなるし、自分も寝られないしで、
早く泣きやんでほしいとお母さんは焦りますよね。
しかし、赤ちゃんのために必死になって考える、ということは、
お母さんの赤ちゃんに対する最高の愛情であると思います。

 

赤ちゃんが夜泣きをしたら、
お母さんはただやみくもに泣きやませようとするのではなく、
じっくりとその理由を考えてあげて欲しいと思います。
そうすることで意外と簡単に、
我が子の夜泣き解消ポイントをつかむこともできるものですよ。



 

 

プロの安眠コンサルタントが教える寝かしつけメソッド

安眠講座

安眠講座